アガリスク初めてセット

¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

アガリスクエンターテイメント代表作の『ナイゲン(2013年版)』と『時をかける稽古場』の2作品の超お得セット!!
通常だと『ナイゲン(2013年版)』2,000円、『時をかける稽古場』2,000円の計4,000円が1,500円お得な2,500円!!
「アガリスクってどんなところだろう?」とか「アガリスク面白いから見て!」とお友達におすすめするのに最適です!!

■『ナイゲン(2013年版)』あらすじ■
会議は、まだ終わらない
かつては自主自律を旨とし生徒による自治を誇っていたが、今はそんな伝統も死に絶えたどこにでもある進学校、国府台高校。
ある夏の日、唯一残った伝統にして、やたら長いだけの文化祭の為の会議“ナイゲン”は、惰性のままにその日程を終わろうとしていた。
しかし、終了間際に一つの報せが飛び込む。
「今年は、1クラスだけ、文化祭での発表が出来なくなります」
それを機に会議は性格を変え始める。
――どこのクラスを落とすのか。
かくして、会議に不慣れな高校生達の泥仕合がはじまった…!

■『時をかける稽古場』あらすじ■
超遅筆な脚本家率いる若手劇団「第六十三小隊」は、勝負をかけた公演を二週間後に控えながら、台本が1ページも無いという危機に瀕していた。
ある日、稽古場にて偶然タイムマシンを発見した劇団員達は起死回生の策を思いつく。
それは「稽古最終日まで行って、完成したあとの台本を取ってくる」というものだった…!

…というあらすじなんて全体の2割3割にも満たないほどの怒涛の展開と、多元宇宙論を用いた複雑怪奇なのに小じんまりした時間移動でお送りする、時間移動コメディの異端にして最先端。

若手劇団が演劇公演の為だけにタイムマシンを使い倒し時をかけまくる「時間移動もの×演劇現場もの」というトリッキーな設定で描く、普遍的な「あの頃」の物語。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する